プロフィール
政 策
議会だより
近況報告
村本一則通信
TOPへ
村本一則
村本一則
『愛称:いっそく』
村本一則 後援会
(いっそく会)

事務所/
白山市大竹町イ34-1
TEL/076-273-0372
FAX/076-273-0649

議会だより

 平成22年6月定例会
水車による水力発電を検討せよ
今後の研究課題としたい
グリーンパークの水車で発電できないか
発電の供給に技術的に確立されている水力発電、究極のクリーンエネルギー、7ヶ用水や山麓地区の砂防堰堤の落差利用の水力発電、白山市において検討できないか。また、グリーンパークに設置の水車を改造して発電し名勝の一つとして宣伝してはどうか。
水車施設の改造が可能か検討する
【市民生活部長・桶屋産業部長】 市内に水力発電を設置する場合、水利権や土地使用に関する協議や建設コスト・維持費の軽減が必要、政府のエネルギー政策を踏まえ、今後の研究課題としたい。グリーンパークの水車は築後20年経過している、行楽シーズンに運転しているが、施設の改造が可能かどうか研究していきたい。
水力発電の名勝として改造可能な水車
水力発電の名勝として改造可能な水車


民間の「入るを計って、出るを制する」という考えで財政を
民間の考え方に意識改革しないと自治体の赤字が膨大となり、後世の住民や子供たちに借金の返済を担わす事になる、自治体経営の重要なものは何と考えているか。また、賃借料金のばらつきの解消の進捗状況はどうなっているのか。
その考え方で運営していきたい
【市長・企画財政部長】 民間の柔軟な発想をもって財政運営に努めていかなければならない、計画された事業の進捗状況を検証し、毎年度見直しを行い、市債発行も後世に負担を回すことのないように、負担があるとしても過度にならないように十分配慮していく。賃借料金の格差是正については協議を進めている、統一的な単価基準の設定を図り適正化に努力している。



戻 る