プロフィール
政 策
議会だより
近況報告
村本一則通信
TOPへ
村本一則
村本一則
『愛称:いっそく』
村本一則 後援会
(いっそく会)

事務所/
白山市大竹町イ34-1
TEL/076-273-0372
FAX/076-273-0649

議会だより

 平成20年9月定例会
不公平感のある都市計画税の是正をせよ
新たな都市計画制度にて不公平感を払拭していく
     
松任地域の市街化調整区域と似ている美川・鶴来地域の都市計画税の減免または不均一課税を取り入れてはどうか
 美川・鶴来地域で松任地域の市街化調整区域と類似地域において都市計画税0.2%の課税があります、松任地域の市街化調整区域では都市計画施設が整備されています、税金を納税していない地域が整備され納税している地域が整備されていない不公平感があることから、 美川・鶴来地域の市街化調整区域の類似地区においては減免もしくは、固定資産税が不均一課税を行っている間、都市計画税の不均一課税を検討できないか。
減免や不均一課税を設けることは同じ見解である
 市長 税は公平で均衡ある課税でなければならない、合併協議の結果において現在不均衡があることは事実であり非常に残念である公平で均衡ある納税が大切である、減免や不均一課税の見解は同感である。
 現在進めている白山市都市計画マスタープランの中で、新たな都市計画のもと白山市に合った課税を行い不公平感を払拭していきたい。
不公平感のある都市計画税は見直し、全て固定資産税による課税は検討できないか
 固定資産税も都市計画税も土地・家屋に対して課税することから、不公平感のある都市計画税の課税はやめて固定資産税1.6%課税に全市統一すれば白山市民全て不公平感がなくなると思うがそんな方法はとれないのか。 不公平感のある都市計画

不公平感のある都市計画
法的にどうなるか勉強しないとわからない
 もう既に住んでいるところに都市計画が本当に必要なのか、都市計画税を負担せねばならないのか、そんなことも考えられるが計画した以上都市計画税の納付の上整備していかなければならない。  税制上可能かどうか、法的にどうなるのか勉強しないとわからない。


戻 る